Client Case クライアント事例

新春経営者セミナー・経営者交流会・東京

経営者チャリティフォーラム & チャリティ経営者交流会


【東京開催】2012年06月30日(土) 限定500席【受付終了】


フォーラム受付を開始しました。(05/23)

経営者フォーラム2012,出口治明,中博,西田文郎,講演会,

【株式会社CJN主催】CJN経営者チャリティフォーラム 2012
出口治明 氏・中博 氏・西田文郎 氏の講演会 & 12名のパネルディスカッション


『20年後の未来も活躍できる企業』
 であるために!
 経営者が描く日本のビジネスの未来

〜これからの日本のビジネスの未来を、共に語り、共に学び、共に成長しよう 〜



フランスの「114年分の変化」を日本は24年で。
日本の市場は、この10年で大きく変化します。
この変化をビジネスに活かす。

今後、日本では労働力が半減し、高齢者が倍増します。日本の少子高齢化は世界のどの国よりも10年以上先行し、 “すでに起こった未来” として世界から注目されています。

高齢化が進めば、「衣・食・住」すべての業界で高齢者向け事業の規模が拡大することになります。超高齢社会に対応したサービスを「今のビジネスに取り入れること」が、10年後の会社の成長には欠かせません。
こうした状況のなか、わたしたち中小企業の経営者が今、なにを見るべきなのか?
今回の「CJN経営者フォーラム」では、
各業界で進む「新規事業」への幅広い経営者の取り組みをご紹介いたします 。


欧米で最も高齢化が進むイタリアやドイツと比べても、日本は10年以上高齢化で先行し高齢化率で「世界一」。これは『世界で10年、アジアで20年進んだノウハウ』をもつチャンスでもあるのです。
逆に、どの業界であっても、経営者として少子高齢化を無視すれば、“ゆるやかな衰退” があるのみです。



日本の金融資産は50歳以上の世代が80%を保有。
会社を守り、社員の将来を守る経営者として
『次の一手』をどう打つか?


絶えず遠くを見ることが経営者には絶対必要です。そこで、20年後の未来も活躍できる企業であり続けるために、『経営者』として、今考えておくべき事とは?
をテーマに、経営・経済・産業・文化の各界のトップリーダーによる基調講演と、今後、成長が期待される健康産業をはじめ、日本の各業界で活躍する若手経営者の「新しいコンセプトのビジネス事例」のご紹介を通じて 【日本ビジネス成長のカギ】を語ります。


このようなテーマに興味をお持ちの経営者・経営幹部の方におすすめです。

● 事業計画に新たな戦略を盛り込みたい。
●「業界の20年後」に危機感がある。
● 新しいビジネスの事業展開を考えている。
● 後継者・経営幹部が育っていない。
● 業績が伸び悩んでいる。
● 会社に元気がなく閉塞感がある。
● 社員に危機感がないと感じている。

日本の未来を語り合い、皆さまとともに大きな一歩を踏み出す場としたいと考えております。

未来を見ずに経営はできません。
あらゆる業界の経営者の方に、将来の「経営ビジョン」を考える上で必見となっています。ぜひ、お知り合いの経営者様でお誘いあわせの上のご参加をお待ちしております。

生産年齢人口の推移 

photo

65歳以上の人が総人口に占める割合の“高齢化率”が7%を超えると「高齢化社会」、21%を超えると「超高齢社会」とよばれ、日本は2007年に世界で初めての「超高齢社会」となっています。
また、人口増加に悩まされた中国も、一人っ子政策により2030年には一転、少子高齢化が大きな問題になると予想され、韓国でも日本を上回るスピードで高齢化が進むなど、アジアでも日本の動向が注目されています。

年代別に見た金融資産の分布状況 

photo




参加申し込みはこちら



CJN経営者チャリティフォーラム 2012
『20年後の未来も活躍できる企業』であるために!
〜これからの日本のビジネスの未来を、共に語り、共に学び、共に成長しよう〜

当日タイムスケジュール ※内容・スケジュールは一部変更になる可能性がございます。

【第1部】

13:00 〜16:00

 ごあいさつ

■グランドジェネレーション世代のビジネス概況

●内川 昭彦・株式会社CJN 代表取締役

 来賓・特別講演

■特別講演: 出口治明(でぐち・はるあき) 氏

・生命保険という圧倒的に古い既存企業が強い業界において、全くのゼロからどのように新しいビジネスモデルを構築し、「新しい顧客を創造」していったのかをお話していただきます。

 パネル
 ディスカッション

■各界のビジネスリーダーによるパネルディスカッション
≪20年後の未来も活躍できる企業づくりとビジネスチャンス≫

●廣瀬 禎彦 氏 ・ギャラキシア・メディア株式会社 代表取締役

●菊森 淳文 氏 ・財団法人ながさき地域政策研究所 常務理事

●中 博 氏   ・「中塾」主宰 経営コンサルタント

●田中 宏暁 氏 ・福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室教授

●内川 昭彦   ・株式会社CJN 代表取締役


■日本の各業界で活躍する若手経営者によるパネルディスカッション
≪各業界における現状課題と“経営者による新たな取り組み”≫

●星野 修 氏  ・株式会社HSコーポレーション 代表取締役

●田尻 賢 氏  ・株式会社ファーストサービス 代表取締役

●左 敬真 氏  ・株式会社いきいきらいふ 代表取締役社長

●小西 正行   ・株式会社CONY JAPAN 代表取締役


 休憩




【第2部】

16:10 〜17:40

 特別講演

■特別講演2: 池間 哲郎(いけま・てつろう) 氏

アジアを中心に途上国支援を行う「NPO法人アジアチャイルドサポート」の代表理事である池間哲郎先生を講師に迎え、今アジアで起きている貧困・紛争の現状を決して悲しいだけの話でなく、実際に池間先生が体験されたことを元に、『一生懸命に生きることの大切さ、命の尊さ』をお話して頂きます。

 スペシャル
 ゲスト講演

■基調講演A: 中博(なか・ひろし) 氏

・あの課長「課長 島耕作」のモデルとなった中博先生による講演会。

■基調講演B: 西田文郎(にしだ・ふみお) 氏

・絶対に不可能とされた日本女子ソフトボールを奇跡の金メダルに導いた、メンタルトレーニングの神様・西田文郎先生による講演会。


【第3部】

18:00 〜 20:00

 懇親会

■講師&参加者による立食懇親会

参加者による立食形式の懇親会を開催します。



※当日スケジュール・内容等は変更の可能性がございます。予めご了承下さい。




セミナー詳細のご案内

開催日

2012年06月30日(土) 13:00 〜 17:40 (受付開始 12:30〜)

※18:00〜20:00で立食懇親会を開催します。

会場

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1
イイノホール



・東京メトロ 日比谷線・千代田線「霞ヶ関」駅  C3出口より徒歩1分
・東京メトロ 銀座線「虎ノ門」駅  9番出口より徒歩3分
会場電話番号: 03-3506-3251

定員 500名
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

参加費

■フォーラム参加費: 一般:15,750円(税込)

■懇親会実費: 5,000円(税込)

※CBMオーナーズクラブ、経営トップ1%クラブ会員様は会員価格。
※日本商店会、治療家甲子園、居酒屋甲子園、介護甲子園、西田塾、西田会の各団体の会員の皆さまは、所属団体名を申込みフォームのコメント欄に記入ください。
※参加費の一部を東日本大震災の復興支援金とさせて頂くチャリティフォーラムです。
※お支払い方法については、お申込み後、銀行振込み先を メールにてご連絡させていただきます。

お問合せ先

ソリューション・セミナー事務局 

TEL 080-3853-1426(当日案内)
問合せメールアドレス info@cjn.jp

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング5F


参加申し込みはこちら




【講師紹介】来賓・特別講演


photo

特別講演・出口 治明氏

ライフネット生命保険株式会社・代表取締役社長
出口 治明(でぐち・はるあき) 氏

「若い世代の保険料を半分」にして、安心して子どもを産み育てることができる社会を作りたい。


「正直に経営し、わかりやすく、安くて便利な保険商品・サービスを提供する」という理念
2008年に、60歳でライフネット生命を立上げ、インターネットを活用した効率的なマーケティングや、全国各地で行っている講演活動等を通じて、理念に基づく「透明性の高い経営」が若い顧客から評価され、開業4年弱でのスピード上場をはたした経営者が出口 治明さんです。
実は、出口さんは、日本生命時代にもネット販売による生保をやろうと企業に出資協力を仰ぐも、大株主は生命保険会社。ネットを使った生保が出てくれば価格破壊が起こる「大株主の機嫌を損ねたくない」と断られた経緯があります。そこで、既に生命保険業界では誰しも知るところの有名人であったにもかかわらず、
「自分の人脈は使わないでゼロからやる。」
「若い人で保険業界のことを何も知らない人を中心とする。」
「保険会社を絶対に株主に入れない」の3つを決意し、ゼロからビジネスモデルだけで勝負することで、実に74年ぶりの誕生となる独立系の生命保険会社が生まれます。
「人と同じことをして儲かるはずがありませんし、大手の会社と同じことをして大手に勝てる訳がありません。」
とおっしゃる出口さんに、保険という圧倒的な既存業界に、どうやって新規参入することができたのか? なぜ保険料を半額に出来たのか?【時代のニーズをとらえた、新たなビジネスモデルの作り方】をお聞きします。



特別来賓・プロフィール

出口 治明(でぐち・はるあき)氏: プロフィール


1948年三重県生まれ。大学を卒業後、1972年に日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に東奔西走する。 ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。
2006年に準備会社、ネットライフ企画株式会社設立。2008年の生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。現在に至る。

著書に『生命保険はだれのものか』、『百年たっても後悔しない仕事のやり方』がある。



【第2部】基調講演1


photo

基調講演・中 博氏

「中塾」主宰/経営コンサルタント
元:「THE21」編集長
中 博(なか・ひろし) 氏

『日本は、どんなことがあっても再生する』
島耕作のモデルであり、
松下幸之助の愛弟子が伝える “経営の要諦”。


『政府がどうのと言う前に、“自分の会社は、自分で守る” この信念の確認こそ必要。』

「戦国時代・幕末・敗戦、これらの時と同様、今の日本は、志持つ者には大好機」とおっしゃるのは松下電器産業(現パナソニック)本社経営企画室で松下幸之助氏から直接、経営の要諦を学び、数々のプロジェクトを成功に導いてきた経営コンサルタントの中博さん。中小・零細企業の経営顧問から、名だたる企業の相談役もこなし、卓越した先見眼と経営ノウハウで『社長の名参謀』として多くの経営者から慕われる中さんに、【大苦境に経営者がもつべき大楽観】についてお話いただきます。



講師プロフィール

中 博(なか・ひろし)氏: プロフィール


昭和20年、大阪市生まれ。京都大学を卒業後、松下電器産業(現パナソニック)に入社。本社経営企画室にて、本社事業計画をはじめ主要商品プランニングを担当。ニューファミリー戦略などユニークな戦略を立案する。また関西経済連合会に若くして主任研究員として出向、21世紀大阪計画、国有事業の民営化の先導となる経団連プロジェクト、自由主義経済プロジェクト等を担当、国鉄のJR民営化につながる。

その後、数々の話題を残したビジネス情報誌「The21」創刊編集長を経て独立。現在の「朝まで生テレビ」や「サンデープロジェクト」の原型となる『21世紀の日本についての大討論会』を主宰、日本新党の旗揚げ、田中康夫氏の長野県知事就任に尽力するなど、数々のプロジェクトを手掛ける一方、経営コンサルタントとしても、サントリー、森ビル、三菱商事、コスモ石油、CSKなど多くの企業のコンサルタントを務め、政治・経済・メディアあらゆる場面で活躍。現在は、若手経営者を育成する「中塾」を主宰し、全国の若き経営者に日本再生のための新たな志を訴え続けている。



【第2部】基調講演2


photo

基調講演・西田 文郎氏

株式会社サンリ・代表取締役会長/西田塾塾長
西田 文郎(にしだ・ふみお) 氏

すべての成功は、逆境から始まる。
・・・成功者の『成功の秘訣』とは?
逆境をチャンスに変える成功脳メソッド。


『どん底はツキの始まり』
こうおっしゃるのは「絶対にアメリカには勝てない」と言われ続けていた女子ソフトボール日本代表を、奇跡の逆転で北京オリンピック金メダルに導き、多くの著名人やスポーツ選手、現役の経営者から【メンタルトレーニングの神様】といわれ、数え切れない実績を誇る、日本のメンタルトレーニングの第一人者であり、『強運の法則』『かもの法則』『ツキの大原則』など数々のベストセラー本の著者でもある、西田文郎先生に、【逆境に勝てるリーダーのマインドセットの考え方】についてお話いただきます。



講師プロフィール

西田 文郎(にしだ・ふみお)氏:プロフィール


日本のビジネス・スポーツ・教育界におけるメンタルトレーニング指導の国内第一人者。1970年代から科学的なメンタルトレーニングの研究を始め、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能にアプローチする画期的なノウハウ『スーパーブレイントレーニングシステム(S.B.T.)』を構築。
日本の経営者、ビジネスマンの能力開発指導にも多数携わり、驚異的なトップビジネスマンを数多く育成し『能力開発の魔術師』とも呼ばれている。経営者勉強会として開催する『西田塾』は、88万円もの高額セミナーにも関わらず、全国から受講希望者の入塾待ちが続いている。 また、ビジネス界だけでなく、スポーツの分野でも科学的なメンタルトレーニング指導を行い、日本女子ソフトボールチームや、駒大苫小牧高校、他多くのトッ プスポーツ選手、チームを成功に導いている。最近では、エチカの鏡に出演するなど、テレビ番組出演も多数。
著書に『No.1理論』『面白いほど成功する ツキの大原則』『人生の目的が見つかる魔法の杖』『ツキを超える成功力』(現代書林)、『強運の法則』(日本経営合理化協会出版局)、『NO.1トレーナーが教える できる人の3秒ルール』『ツキを呼び込む 究極の成功思考』(インデックス・コミュニケーションズ)、『ツキの最強法則〜1日5分、7日間で幸せがやってくる!』(ダイヤモンド社)、監修書に『痩せるNO.1理論』(西田一見著、現代書林)など多数。



特別講演2


photo

特別講演・池間 哲郎氏

JAN 日本アジアネットワーク代表/
NPO 法人アジアチャイルドサポート 代表理事
池間 哲郎(いけま・てつろう) 氏

一生懸命に生きることの大切さや命の尊さを
日本人こそアジアの人々から学んで欲しい


『胸を張って一生懸命生きてます!』と言える毎日を。
アジアを中心に途上国支援を行うアジアチャイルドサポートの池間先生を講師に迎え、今アジアで起きている貧困・紛争の現状を決して悲しいだけの話でなく、実際に池間先生が体験されたことを元に、生きることの大切さ、命の尊さをお話して頂きます。



講師プロフィール

池間 哲郎(いけま・てつろう)氏:プロフィール


1990 年からアジア( ベトナム・タイ・フィリピン・カンボジア・モンゴル・スリランカ他)のゴミ捨て場やスラム街などの危険な地域に足を運び調査・撮影・支援を続けている。極度の貧しさの中でも懸命に生きる人々に衝撃を受け、支援を行うと共に講演や写真展を通し、深刻な現状で暮らす人々のことを多くの日本人に訴えている。1999 年には団体を発足し現在はNPO法人アジアチャイルドサポートとして支援活動を展開中。途上国における支援と共に「国際協力を通した日本の青少年の健全育成」を基本理念に掲げ、自らが撮影した映像を使い「一生懸命に生きることの大切さや命の尊さを日本人こそアジアの人々から学んで欲しい」と云い続け、現在では約2000 件以上の講演を行い聴衆者は50 万人を超えている。






【第1部】パネルディスカッション
各界のビジネストップリーダーと
“名物”経営者によるパネルディスカッション

≪20年後の未来も活躍できる企業づくりとビジネスチャンス≫

第一部では、各界のビジネスリーターと、各業界で変革に取り組む現役の経営者リーダーの方にお集まりいただき、現役経営者ならではのリアルな取り組みを包み隠さずお話いただきます。

現役経営者による熱いメッセージは、参加いただいた経営者の皆様から、「ズバッと、言われ何だか気持ちが吹っ切れた!」「経営者としてのあり方・考え方に刺激を受けました。」「自分の苦い体験談から語る力強い言葉が、自分の心をグサッと突き刺すセミナーでした。」など賞賛の声が多いです。



【第1部】パネラー・プロフィール

講師紹介

ギャラキシア・メディア株式会社・代表取締役
121works合同会社 代表/
元:セガエンタープライゼス株式会社・副社長
元:コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社・代表取締役
廣瀬 禎彦(ひろせ・さだひこ) 氏

14年間赤字の続いた老舗有名企業を、
2年で黒字企業に生まれ変わらせた辣腕経営者。

慶応大学大学院工学研究科修士修了後、日本アイ・ビー・エムに入社。凄腕営業マ ンとして数々の受注を獲得、宣伝部長、事業部長を務める。(株)アスキー専務取締役、(株)セガ代表取締役副社長、アットネットホーム(株)代表取締役社長などを歴任し、業界を牽引する。 2004年コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社(現・日本コロムビア株式会社)代表 執行役兼最高経営責任者(CEO)に就任。2010年まで同社取締役名誉相談役を務める。 現在は、121ワークスLLC代表として次世代リーダー育成にあたりつつ、スポーツ・文化・エンタテ インメント分野の人材とコンテンツビジネスを輸出入する商社・ギャラキシアメディア株式会社を設立しコンテンツビジネスの「仕事人」として活躍中。
著書に『IBMで学んだことアスキーで得たことセガで考えたこと』『自分の値打ちを高める法』がある。


講師紹介

財団法人ながさき地域政策研究所・常務理事兼調査研究部長
日本総合研究所客員研究員、長崎大学大学院非常勤講師/
元:経済産業省大臣官房
菊森 淳文

地域振興、行財政改革、農業・水産経営の
企業経営コンサルのスペシャリスト。

東京大学法学部卒業後、三井銀行(現三井住友銀行)に入行。米国シカゴ大学(経営大学院)にてMBAを取得。さくら総合研究所上席主任研究員、日本総合研究所調査部主席研究員、経済産業省大臣官房「新経済社会システム戦略研究会」座長(竹中平蔵時代)など、政府委員、国・県・市町等委員会委員を歴任、日本経団連中小企業委員会の各委員を歴任。現在は、地域振興、行財政改革、農業・水産経営、 企業経営コンサル(特に経営戦略)などの分野で 研究、講演、コンサルティングを手掛ける。
<受賞> 中小企業庁長官賞、清水晶記念マーケテイング論文賞受賞
著書に『学習する会社のナレッジ・コラボレーション』『こうすれば地域再生できる』など多数。


講師紹介

福岡大学スポーツ科学部運動生理学研究室教授
福岡大学大学院スポーツ健康科学研究科科長/医学博士
ランニング学会常任理事
健康支援学会常務理事
田中 宏暁(たなか・ひろあき) 氏

ニコニコペースの運動トレーニングを広めた、
予防エクササイズのスペシャリスト。

東京教育大学体育学部卒、医学博士。 専門は運動生理学で、肥満・動脈硬化性疾患などの疾病の治療と予防・健康増進・競技力向上に有効な運動処方に関する基礎的、応用的研究が主なテーマ。

1970年より福岡大学体育学部運動生理学研究室に所属し、同研究室の進藤宗洋教授とともに『ニコニコペース』のトレーニング効果を発表。自ら肥満治療のため46歳からニコニコペースのトレーニングを実践し、フルマラソンを走れるようになり、50歳で2時間38分50秒の記録を待つ。 同研究室は、「ニコニコペース効果とその効用を世間一般に知らしめ、ランニングなどのエアロビクス運動ブームの理論的背景となった」功績で、第5回ランナーズ賞を受賞した。 自ら46歳よりマラソンランナーとして活躍している。



講師紹介

株式会社HSコーポレーション 代表取締役
NPO法人日本商店会 会頭
星野 修(ほしの おさむ) 氏

画期的な「大家族主義経営」を
整骨院業界で実践し急成長する経営者。

1992年4月、25歳の時に江戸川区平井にて有限会社ひらい整骨院を開業。その後、関東中心に鍼灸整骨院を展開、2008年7月には株式会社HSコーポ レーションとして生まれ変わり、新たに健康総合企業を目指す会社となる。大家族主義と自立型の人材教育を通じて、感動の多い楽しい職場づくりを目指して経営を行なってきた。

その結果、わずか3年で7店舗から、15店舗へと急成長。「日本の皆さまを我々の手技で元気にする」を合言葉に、スタッフ教育に力を注ぎ、業界としては画期的な「大家族主義経営」を実践し、自立型人材育成、利他の精神、仲間を応援しあう風土作りに焦点を絞り、教育に日々、奮闘中である。
「治療家甲子園」の第一回開催にて最優秀賞を獲得。


講師紹介

株式会社ファーストサービス 代表取締役
社団法人日本治療家連盟 理事長・『治療家甲子園』実行団体
田尻 賢(たじり・けん) 氏

治療家業界を業界初の人材派遣会社を
通じて活性化する経営者。

高校卒業後、ヘリコプターのパイロットの免許を取得、派遣会社に就職し、ヘリコプターの操縦を行う傍ら人材派遣業務に携わる中で、人材ビジネスの魅力に惹かれ、独立を目指すようになる。治療家の知り合いに「治療業界には派遣会社がない」という事実を聞き、業界初の人材派遣会社を立ち上げる。自身の経験からは無縁の世界ながら、勉強を重ね、数多くの治療家との出会いから「もっとこの方たちを応援したい」と「治療家応援団長」となることを決意。
人材派遣業や治療家同士を繋ぐ役割として治療業界の活性化に奔走。治療業界の活性化を目的に、2009年第一回『治療家甲子園』を開催。


講師紹介

株式会社いきいきらいふ・代表取締役社長
社団法人日本介護協会理事長・『介護甲子園』実施団体
左 敬真(ひだり・ひろまさ) 氏

全国初となる新業態の入浴専門デイサービスの展開で
介護業界の活性化を推進する経営者。

工科系大学にて都市設計を専攻。大学院在学中に訪問した特別養護老人ホームの実態に衝撃を受け介護の道へ進む。
2002年4月に(株)いきいきらいふ を起業。03年1月から訪問介護事業を開始する。現在は訪問介護サービスを軸に、居宅介護支援事業所や、直営のデイサービスのほか、フランチャイズビジネスとして、テナント改修型30名規模の「都市型デイサービス」や、全国初となる入浴専門3時間デイサービス 「いきいきらいふSPA」を展開、加盟店を募り急拡大している。 また、第一回目となる 『介護甲子園』の実施を通して、業界活性化を推進している1人である。


講師紹介

株式会社CONY JAPAN 代表取締役
CBMオーナーズ倶楽部 主宰
株式会社CJN 会長
小西 正行(こにし・まさゆき)


“人財力”で、常に新しい業界に勝負しつづける
【理念浸透型経営】の伝道師。

1973年1月31日生まれ、大阪府出身。
1997年7月1日、24歳で有限会社スペースアップを設立。初年度より15期連続増収を記録し、前期売上45億突破。業界のリーディングカンパニーとしてメディアに多数紹介される。
2006年1月、スペースアップでの経験を生かし、組織構築・人材採用・人材育成のノウハウを全国の経営者へ伝えるべくコンサルティング会社、株式会社ソリューションを設立。経営コンサルタント・セミナー講師としても全国で講演活動を精力的に行なうなど「最強の組織構築」請負人として注目される。
2011年5月、グローバル展開を推し進める為、新たに【CONY WAY】を構築し、数社あった会社を統合し、株式会社CONY JAPANに社名変更。今後は人財で勝負できる業界に進出し、2022年度にはグループ売上げ1000億円と、50期連増収企業を目指す。

CONY CORE【核】(CONY JAPAN経営理念 "CONY WAY")
CONY JAPANはグローバルに戦い、夢を実現する仲間を世界中に創り、感謝の言葉の絶えない世界で愛されるグレートカンパニーとなります。

2012年現在、グループ売上げ47億円、社員数260名となり15年連続増収を継続中。




主催者プロフィール

講師紹介

株式会社CJN 代表取締役
株式会社CONY JAPAN 社長室室長
内川 昭彦(うちかわ・あきひこ)


営業組織構築、中長期の財務戦略・経営戦略構築をマルチに手がける企業成長プロデューサー。
大学卒業後独立系証券会社を経て、メーカー系IT企業の中小企業提案型営業で日本一になり、メーカー企業の全国代理店に対して全国講演及び代理店営業指導を行う。 その後、ソフトウェア会社役員、台湾現地法人OEM商社役員を歴任。ビジネスモデルを企画立案提案し、トルコ大手メーカーに携帯電話のOEMビジネスを事業として成立させなど事業再生コンサルティングの道に進む。
新聞にも大きく取上げられた企業の経営破綻を、事業・財務・業務リストラ、債権放棄、会社分割、M&A等の手法を駆使し、再生へ導くことに成功。その事業再生の手腕が認められ、今は亡き、世界的な建築家・黒川紀章氏の経営ブレーンとして経営、財務、秘書に携わり、晩年の黒川紀章氏を支えた一人である。最後は黒川紀章氏の個人の実印を託され“最後の金庫番”を務めた。
また33歳で稲盛和夫氏(京セラ名誉会長)を師事して若手経営者の経営塾(盛和塾)にて経営に一番大事な【人間力】を学ぶ。 現在は、企業成長プロデューサーとして、企業再生のみならず、営業組織構築、キャリアプラン構築、中長期の財務戦略・経営戦略構築を手がける。





【第3部】経営者懇親会・意見交換会
参加経営者&講師陣による懇親会


講演会終了後は、登壇者、参加者との懇談の場を用意しております。参加者同士の立食パーティです、お気軽にご参加ください。


 

参加申し込みはこちら




『株式会社CJN』とは? グラジェネ向けフィットネス「予防《GG》エクササイズ」

  CBMオーナーズクラブ


株式会社CJNは、全く新しい世代であるグランドジェネレーションに向けて
『予防から創る健康と美』をテーマに、無理なく健康な身体でイキイキと生きていくための科学的運動プログラムを実践し、「予防」に特化した新業態のフィットネスクラブの運営を通じて、新たなライフスタイルの提案をおこなっています。
いつまでも人間本来の力を保ち、人間が人間らしく、日本が日本らしくある環境の礎を築き、世界で愛される日本を目指します。

 

 



【無料プレゼント】社員のやる気を引き出す「元気が出る朝礼ハンドブック」

朝礼のやり方・元気が出る朝礼ハンドブック

大好評 8,600部を突破! 社員のやる気を引き出す朝礼のやり方。朝礼の本当の目的とは?

経営者・経営幹部のための「元気が出る朝礼」のやり方・進め方を全18ページ、分かりやすくお伝えします!【無料】

朝礼マニュアル・朝礼のやり方


詳細情報やサービスに関しては、お気軽にお問い合せください。受付時間 平日10:00〜18:00 東京オフィス:03-6431-9480 大阪オフィス:06-6203-0222 福岡オフィス:092-434-0100 インターネットからのお問合せはこちら

TOP