Seminar もっとソリューション!

セミナー情報

 

 

【成功事例発表会】大阪開催 一般参加者_限定30席 

ソリューションアワード2016
~”個”が活きる経営で、10年先も必要とされる魅力ある企業になる~

成功事例発表会・経営者向けセミナー

【大阪開催】2016年3月2日(水)【一般限定30名】終了しました。

2/24 特別追加枠残り2席となりました。
2/22 特別追加枠残り5席となりました。

2/18 特別追加枠10席のご用意いたしました。

2/16 一般参加者枠30席が≪満員御礼≫となりました。

1/21 一般参加者の受付を開始しました。

12/20 CBMオーナーズクラブ会員様の受付を開始しました。

 

参加申し込みはこちら

倒産する企業と成長する企業のたった一つの違い

・社員にやる気を感じられない。
・ここ数年、会社の業績が伸び悩んでいる。
・採用活動してもいい人材が採れない。
・業界自体が少しずつ衰退しているように感じる
・少し先の未来を考えた時に、会社の将来が不安になる。

上記の悩みにあてはまるとしたら、あなたもきっと
「このままで良いはずがない・・・」と不安を抱えている経営者の一人ではないでしょうか?

それは、これから始まる激動の時代の中で、生き残るために必要な要素が
今の会社に足りないことを、あなたは経営者の直感で理解されているからでしょう。

国税庁の調査結果によると、10年後に企業が生き残る可能性は、6.3%。
30年後は0.02%と言われています。
単純に言えば、今ある93.7%の会社は10年後には日本に存在していない状態です。

そしてこの数字は今後、ますます残酷なものになると言われています。
テクノロジーの発達による人々の価値観やライフスタイルの変動の流れから、
多くの中小企業が取り残されてしまうと予想されるからです。
分岐点

あなたが、どれほど優れた経営者で、どれだけ自社の商品に誇りがあり、
これまで会社を伸ばしてきた実績があろうとも、

これから10年先も会社を成長させ続けられるかは

『顧客のニーズ・市場に応えて、変化できるかどうか?』

にかかっていると言えます。

どれほど自慢の商品やサービスがあろうと、
今後変わっていく顧客のニーズに合わなければ、必要とされません。

『時代に合わせて、変化する力』

これが、物や情報が飽和し、新しいテクノロジーも生まれる時代の中で
あなたの会社が生き残るための最も必要な力なのです。

なぜ、企業は変わることが難しいのか?

革新的なアイデアや戦略や、あなたの努力だけでは、
会社を良くしていくことはできません。

こんな経験をしたことはないでしょうか?

・社長が良い取り組みを促しても、社員は「できない理由」ばかりを言う。
・会社の決定事項やルールは実行されず、「絵に描いた餅」になる。
・社員に危機感がなく、「自分が変わらなくても会社は潰れない」と思っている。

個人としては努力家で、経営の勉強もきちんとしているのに、
思ったように会社を変化させられない経営者には
ある共通点があります。

それは・・・

『会社の変化に対応できる社員を育てられていない』

「組織はトップから」と言われますが、現場を変えるのは社員です。
社員が変化に弱く、自らで動こうとしないというマンネリの職場であれば、
会社が変わらないのは、むしろ当然といえます。

特に、設立年数が長い企業ほど、この傾向が強くなり、
「これまでこのやり方でやってきた!」という考えが社内に根強く、
会社の変革に、古株社員がついてこないことがよくあります。

だから、もしあなたが本気で会社を変え、成長させ続けたいと思うのであれば、

まずは、『変化に強い社員が育つ職場を作ること』
これが最優先事項です。

「どれだけ頑張るか?」より「どう頑張るか?」


「経営において、何より行動力が大切だ」と言われますが、
どれほど変革しようと動いても、やり方を間違えては何の成果も生まれません。

つまり、ただ頑張るだけなら、
結局何もしていないのとほぼ同じ、成果は生まれないのです。
むしろ社員をただ混乱・疲弊させ、会社の崩壊にも繋がりかねません。

確かに、
動けば、何かしらの結果は出ます。
頑張れば、たまたまヒットする時もあります。

しかし、定石を知らなければ、限られた期間で期待通りの成果は出ないでしょう。

だからこそ、スポーツやビジネスなど、どこの世界でも共通することは、
成功の秘訣は、まず「真似る」ことなのです。

あなたに今、必要なのは、
あなたが困った時にでも、
会社のことを想い、変化を自ら生み出せるような社員・その育て方であり、
実際にそのような「変化に強い社員」を育て上げた会社の【具体的な事例】です。

あなたが「真似したい!」と心から思える身近なベンチマーク先なのです。

あなたは、今のままで10年先も会社を成長させられますか?

時代は刻一刻と変化しています。
この10年で、スマートフォン・SNSを始めとする多くの技術革新が
日本の、そして世界の人々の生活を変えています。

あなたは、「社員がついてこない」という問題にずっと足踏みしている場合ではありません。
いち早く、変われる会社の土台を作り、顧客のニーズに合わせた変化が
今、求められているのです。

人と組織に力を入れた成長企業が集まる、ソリューションアワードとは?

ソリューションアワード2015

昨年、800名もの経営者・経営幹部が集まった
「ソリューションアワード(旧セカブリグランプリ)」。

今回も、人と組織の改革に挑戦し、実際に成長されてきた会社様が
会社経営をされている経営者・経営幹部を対象に、
その具体的な方法やその過程であった障壁と乗り越え方についてお伝えします。

本来は、弊社の会員制経営者クラブである、
『CBMオーナーズクラブ』会員様限定の場ではございますが、
今回は30名様限定で一般の方のご参加も承ります。

もし、あなたが経営者で、
あなたの社員が、時代・顧客のニーズ・自身の業務への変化に強くなり、
自発的な行動ができるようになることで、
経営のあり方が大きく変わるのであれば、今回のイベントは必ず役に立ちます。

あなたがこれで得られるものは、ありきたりな哲学でも、
本で読めるようなノウハウでもありません。
成長していった企業の、その【本物の成功事例】です。

参加申し込みはこちら
基調講演_衰退しゆく路線バス業界の奇跡の経営

野村社長プロフィール写真北海道の帯広に、40年続いた地方路線バスの赤字をとめ、
黒字化にした全国唯一のバス会社があります。
その会社とは、十勝バス株式会社

この会社は、かつて1998年から2011年まで常に
倒産直前の危機を迎えていました。

人々の移動手段として自動車が根付いてより日本のバス業界は、
衰退の一途をたどっています。

同社もまた1969年の最盛期以降、毎年利用者が減少し、
ピーク時の2300万人から400万人まで下降していたのです。

【画像】十勝管内のバス利用者数の推移

十勝バスの現代表取締役の野村文吾氏は、1998年の当時代表取締役である父親から
倒産宣言を受けてより、自ら再建を図ろうと280名の社員の実質トップとして
同社に入社し、改革を進めました。

当時の同社は、補助金がなければ運営できず、40億円もの負債を抱える危機的な状況であり、
何度もの再建を図るものの、その経営はジリ貧でした。

【画像】十勝バス様売上推移

なにより社内では、バス利用者の減少については誰しもが「時代の流れ」と諦め、
活気はすでになく、変化の兆しも皆無の状態だったのです。

野村氏がどれほど改革を促そうと社内からは
「ここは東京ではない!」
「現実をよく見ろ!」
「そんなことできるわけがない!」
と批判の声が上がる一方でした。

野村氏も、後継経営者として、衰退する業界の経営者として苦労し奮闘する中で、
「なぜ、社員たちは自分から何かしようと思わないのか?」
と悩み始めます。

どれだけ想いを語っても、社員は動かない。
どれほど率先して頑張っても、社員はついて来ない。

危機感がなく、変わらない社員に不満をためていた野村氏は、
同じ経営者仲間からの指摘によって、あることに気づきます。

それは、野村氏が社員を、
事業を共に伸ばす「仲間」でなく、
思ったとおりに動かない「敵」である
と無意識に感じていたこと。

そして、
社員に「自社で働ける誇り」を持たせられていない
ということでした。

このことに気づいた野村氏は、
“社員に働く誇りを持たせるための動き”を徹底していきます。

その結果、社員自らが会社のことを想い、自ら動き出す社内の文化を構築でき、
新たな戦略を進められたのです。

そしてついに地方路線バスでは初めての3期連続増収を果たす復活劇を起こし、
今も継続されています。

同社のこの復活は、「奇跡」とまで呼ばれ、
書籍だけでなくミュージカルになるなど地域に希望を与え、
またフジテレビ系列の「奇跡体験!アンビリバボー」の特集を始め、
様々なメディアに取り上げられております。

既成概念にとらわれず、時代の変化をとらえた野村氏の戦略とマネジメントは、
地方バスの再生モデルとして全国から注目を集めています。

今回は、通常では北海道でしかお会いできない野村氏よりご登壇いただき、
その変革の具体的な取り組みをお伝えいただきます。

野村氏は言います。
「歯を食いしばってやっていない人なんていない。
 みんな一生懸命にやっているんです。
 現状を維持したいと思って歯を食いしばってやってきたんですが、
 そうではなくて、チャレンジをすることに歯を食いしばってやっていけば、
 奇跡は起こせる!」と。

セミナー詳細のご案内
詳細
開催日 2016年3月2日(水)13:00~17:30(受付開始:12:00~)  
会場 大阪市中央公会堂
大阪市北区中之島1丁目1番27号
※大阪市営地下鉄御堂筋線 「淀屋橋」駅<1>番出口から徒歩約5分
大阪市営地下鉄堺筋線「北浜」駅<19>番出口から徒歩約3分
京阪電鉄本線「淀屋橋」<1>番出口から徒歩約5分
京阪電鉄中之島線「なにわ橋」<1>番出口から徒歩約1分
 
定員 300名

<一般参加者枠>
限定30名 ≪満員御礼≫

<特別追加枠>

限定10名 ≪残り2席≫

※定員に達し次第締め切らせていただきます。
※一般での募集は少人数に限られております。お申し込みはお早めにお願いします。
対象 中小企業の経営者・経営幹部のみ
※同業他社の方のご参加はお断りしております。
参加費 一般価格:10,800円(税込)
※CBMオーナーズクラブ会員価格:3,240円(税込)
お支払い方法 お申込み後、銀行振込み先をメールにてご連絡させていただきます。
請求書は発行しておりません。
ご希望の方はお知らせください。
ご不明な点は、担当:北村 までご連絡ください。
株式会社ソリューション ソリューションアワード事務局
TEL 06-6203-0222 FAX 06-6203-2255
問合せメールアドレス info@solution-hr.com
参加申し込みはこちら

当日のイベントプログラム
12:00~13:00
開場・受付開始
13:00~13:25
オープニング・主催挨拶
13:25~14:55
基調講演:十勝バス株式会社 野村文吾氏
『お客さま密着!で地域に貢献する十勝バスの経営~40年ぶりの利用者増加の実例~』
14:55~15:10
休憩
15:10~15:50
事例紹介:永和工芸株式会社 松本悦典氏
『勝負は、事業継承時!会社を変えた二代目経営者の決断』
15:50~16:30
事例紹介:保川建設株式会社 保川謙一氏
『自ら考え、行動する社員へ!社長の働き方すら変えた社員の変化』
16:30~16:45
休憩
16:45~17:15
主催者挨拶・総評
17:15~17:25
閉会挨拶

 


講師のご紹介
基調講演講師
十勝バス株式会社
代表取締役社長 野村文吾 氏
昭和38年帯広市生まれ。函館ラ・サール高校、小樽商科大学を卒業後、国土計画(現・西武ホールディングス)に入社、企画宣伝に携わる。平成10年、父の文彦氏が経営する十勝バスに入社、平成15年に社長就任。帯広商工会議所副会頭、帯広観光コンベンション協会副会長、十勝地区バス協会会長。シーニックバイウェイ「トカプチ雄大空間」代表、道東道とかち連携協議会会長など公職多数。業界全体がマイナス成長を続ける中、バス利用者増加のため、地域住民の家を1軒1軒訪問するなど、常識にとらわれない戦略で地方の路線バス会社として40年ぶり黒字化を成し遂げた経営手腕が話題となっている。
事例紹介企業講師
保川建設株式会社
代表取締役社長 保川謙一 氏
千葉県茂原市に構える創業45年の建設会社の2代目経営者。
尊敬する父親の姿を見つつも、12年前に同社へ入社した際に感じた「個々が勝手に仕事をしている」個人商店化の状態に危機感を覚える。
8年越しの願いが通り、代表取締役に就任後、組織の変革を開始する。
緻密な変革設計を進める中で、信頼できるNp.2を育成し、今では、自社の強みを再設計し「民家再生」という新たな取組みに力を入れている。
事例紹介企業講師
永和工芸株式会社
代表取締役社長 松本悦典 氏
設立58年の歴史を持つ金属塗装の老舗会社の3代目経営者。
先代が考案した3つの塗装ラインを活用し、顧客のニーズを柔軟に対応できる体制を築くも、代表取締役に就任後、実質のNo.2を担う社員の退職を機に、連鎖的に発生した離職問題に悩まされる。
社内アンケートでは「永和工芸の奴隷」と社員から不満を書かれるものの、そこから会社の変革に挑戦し、かつての「自分の仕事しか興味がない」状態から「受身ではなく自ら動く」へと会社の体質を変えている。
社員が自律し始めた結果、松本氏は自社内のことだけに留まらず、後継者不在で廃業の多い塗装業界を活性すべく新たな活動をし始められている。

参加申し込みはこちら
【無料プレゼント】朝礼のやり方をまとめた「元気が出る朝礼ハンドブック」

朝礼のやり方・元気が出る朝礼ハンドブック

大好評!ダウンロード 8,600部を突破!社員のやる気を引き出す朝礼のやり方。

経営者・経営幹部のための「元気が出る朝礼」のやり方・進め方を全18ページ、分かりやすくお伝えします!【無料】

朝礼マニュアル・朝礼のやり方


03-6431-9480
受付時間 平日10:00~18:00
インターネットからのお問合せはこちら

TOP