④ゆとり社員が育つ組織づくり編_長友さん編

18/01/25
質問:調子に乗ってる新卒2年目への指導の仕方がわかりません・・・

Q.お客様の御用聞きをする若手社員

以前から問題としては感じていたことなのですが、顧客視点を履き違えて、御用聞きのようなことばかりをする社員をどのように指導していけばいいのか悩んでいます。

本人としては、悪気がないことは分かりますが、「お客様のためを思えば!」と簡単に値引きをしたりする行為が目立っています。

厄介だなと感じるのは、値引きをするので粗利率は下がっているものの、月の個人目標は達成してくることです。そこからも目標にも拘ってくれていることは分かるのですが・・・。

まだ、新卒の2年目ということもあり、期待を高くし過ぎてはいけないかと思いますが、安易な契約の仕方を覚えてしまうと、後々大きく躓(つまず)いてしまったり、伸び悩むことは見えています。

ただ本人としては、達成をしているという自信が過信となり、今は聞く耳をあまり持ってくれません。

本人が壁にぶち当たるまで、このまま放っておくしかないのでしょうか?

(群馬県 主任 業種:リフォーム 従業員数:30名)

  

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.指導するよりも、ステージを与えましょう!

 

いつもメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございます。
この度は、私、長友威一郎がお伝えさせていただきます。

 

ご投稿いただき、誠にありがとうございます。とても共感するご質問ですね。

 

私も過去に、ご質問いただいた内容の方と同じような新卒社員の部下がいました。

 

結局、プライドだけが凝り固まり、自らの実力を過信してしまったことで、お客様に対する言葉に重みがなくなってしまいました。

お客様には、もちろんそれを見透かされてしまい、本当の意味での顧客満足を実現できないまま、3年目で退職してしまいました。

 

 

ご質問の内容を拝見して、当時、その新卒社員に本当の意味での仕事の面白さや楽しさを伝えられず、悔しさを感じたことを思い出しました。

 

 

さて、本題に戻りますが、新卒2年目の社員様であれば、ある程度は粗利を下げてでも、多くのお客様と接し、多くの見積書を提出し、現場を経験することが必要な時期でもあります。

 

ご質問いただいた新卒2年目の社員様は、目標達成しているということは、ある意味、周りの同期よりもはるかに経験値が高く、お客様からいただいた「ありがとう」の数も多い優秀な社員様なのではないでしょうか。

 

ただ、現状はまだ許されるとしても、あなたが危惧しているように、未来のことを考えると、このままの状態で成長していかれてはまずいと感じます。

 

それに加えて、その新卒2年目の方自身も、自らの力を過信しているのであれば、次のステージを与えるタイミングではないでしょうか。

 

 

次のステージとは「部下を持つ」ということです。

 

「まだ、部下を持つのは早い!」「同じようなタイプの社員が育ってしまったら困る!」とお考えになるかもしれませんが、そこは、目標達成はできるにしても、まだ新卒2年目だからこそ、期待をしてあげていただきたいです。

 

 

ここで持たせるのは、ただの「後輩」ではなく、自分が育成の責任を持つべき「直属の部下」です。

 

年齢や社歴ではなく、現場での実践をこなしてきた経験を評価して、部下を付けると、一気に立場やステージが変わると同時に、恐らく、今まで上手くいっていたことが上手くいかなくなるということが起きてきます。

 

自分の営業だけをしていれば、自分の数字のことのみを考えればよかったかもしれませんが、自分自身のことに加えて、部下のことを指導する立場となると、部下をどう育てていくべきかを考える必要があります。

 

 

そして、その自らの考えを伝える力を磨かなければ、部下はついてきませんし、育つこともありません。

 

部下育成という新たな責任が与えられることにより、部下のことを考える時間が増え、今までの仕事のスタンスを変える必要性も感じると思います。

 

もちろん、すぐに上手くいくことはないと思いますので、あなたへの質問や相談も増えると思いますが、その際にはしっかりとサポートしていただきたいと願います。

 

 

そして、あなたご自身もステージを上げることが重要かと思います。

 

 

新卒2年目の方が育成に悩んだときに、その方のためになるようなフォローができ、部下のマネジメントにおいて、尊敬されるような対応ができれば、新卒の方も、一層部下のマネジメントに対しても前向きに努力をされるのではないでしょうか。

 

お互いがステージを上げることで、協力体制やコミュニケーションの量と質が変わりますので、組織全体としても、ボトムアップになるはずです。

 

ぜひ、実践されてみてください。実践された際に、またお困りのことがございましたら、お気軽にご投稿くださいね。

 


代表取締役 組織人事コンサルタント長友 威一郎(ながとも いいちろう)

大学卒業後、富裕層マーケティング会社最大手に入社。
6年間の営業活動を通じて多くの経営者と出会う。2006年、顧客の1人であった現CONYJAPAN代表の小西から新会社立ち上げの参画要請を受け、経営者の経営サポートを本業にすべく、株式会社ソリューションに入社。
採用コンサルティング、経営コンサルティングを通じて顧客の信頼を積み重ねる。 初期教育を強めることで、未経験者である新卒社員や第二新卒社員をリーダーへと変えるマネジメント力には定評がある。採用と育成の両輪を回して会社を強くするスタイルで多くの企業発展に貢献している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加