④ゆとり社員が育つ組織づくり編_長友さん編


Q.うち社員は報連相もろくにできません。どうしていけばいいのでしょう・・・

社員に対してスピードの遅さを感じ、日々もどかしさを感じています。

しかし、小学生に中学生の問題を教えても分からないように、突然レベルが高いことを求めてもうまくいかないだろうと思っています。

ただ、うちの場合は、レベルが高いこととは言っても、報連相をすぐにすることや、期限を守ることなど、誰でもできることさえできていない状態なので、本当に情けないです。

社長になってから7年になり、これまでには、社員に基礎的なことから伝える等、様々なことを試しました。しかし、何をしても変わらず、私も伝えることに疲れてしまいました。

今は、もどかしくても社員のスピードに合わせるしかないと考えていますが、社員育成においても、いつかは一気に成果が出るタイミングが訪れるのでしょうか。何か今後のアドバイスがあればいただきたいです。

 (京都府 2代目経営者 業種:製造業 従業員数:42名)

 

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.あなたの、その諦めてしまっている気持ちを少しずつでも変えていきましょう。

 

いつもメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございます。
この度は、私、長友威一郎がお伝えさせていただきます。

 

ご投稿いただき、誠にありがとうございます。このようなご相談はとても多くいただきます。

 

まず、結論からお伝えさせていただきますと、

 

あなたが7年も経営者をしていて、社員様に対して基礎的なことから伝えているのに、伝わっていないことに対して、ご自身に問題があると気づいていないことが大きな問題です。

 

 

あなたにとって、社員様はどのような存在ですか?

同じ志を持ち、実現したいことを共に目指す仲間ですか?
それともミスなく働いてもらい、働いた分の給与を渡すだけの人ですか?

 

もし、あなたが社員様に対して、「レベルが高いことを求めても上手くいかない」と思っているのであれば、社員様は自分たちが社長から「レベルが低い!」と思われていることを感じていますよ。

 

 

社員様は、あなたが想像している以上に、「自分たちがどのように見られているか」ということに対して、とても敏感です。

 

 

だからこそ、あなた自身の社員様に対して、諦めてしまっている気持ちを変えていくことからスタートしてみませんか?

 

 

では、「具体的にはどうしたらいいんだ!」と思われているかと思いますので、詳しくご説明させていただきます。

 

1、社員様の強みや長所(仕事面、仲間との関係性等)を10個ピックアップして下さい。

10項目書けましたでしょうか?  もし、10項目も書けない・・・となると、その時点で、あなたの社員様に対しての興味・理解不足です。いまからでもいいので、社員様に関心を持っていいところを探してみてください。

 

2、社員様の入社動機を覚えていますか?もしくは知っていますか?

入社動機は、社員様の仕事の原点になります。「何ために今の仕事に就いたか」その原点を忘れてしまうのが人であり、その忘れたものを思い出させてくれるのも人です。

 

この入社動機を知っておき、そして伝えていくこと。

 

自らの入社動機や原点を社長が知ってくれていると思うだけで、社員様は安心感を持ちます。

この安心感を持ってもらうことが重要です。

 

 

3、次に、社員様に、今後どのようになって欲しいかというイメージは明確ですか?

1人ひとりの社員様には個性や価値観があり、能力や得意分野、不得意分野も違います。

様々な人がいるからこそ組織です。

 

だからこそ、経営者であるあなたが、1人ひとりのかけがえのない社員様に対して、どのような人財に育ってほしいか、そのために何が必要で、あなたはどのような応援や援助ができるか等を明確にしていくことが重要です。

 

4、最後に、1~3を社員様に、伝えてください!

社員様1人ひとりに対して、照れずに伝えてみてください。

確実に、社員様は、あなたの声に耳を傾けてくれると思います。

 

人は誰でも好き嫌いがあり感情的な生き物ですが、誰でも心があります。

そして、自分が相手にどのように見られているか、感じられているのかを、とても敏感に感じる力も持っています。

 

 

だからこそ、経営者である我々が社員様に対して、思っていることを明確にして伝え、1人ひとりの社員様が、安心して働ける職場をつくり上げていただきたいです。

 

 

いい意味でも悪い意味でも、あなたの姿勢や態度や発言が、確実に社員様に、伝わっていることを忘れないでください。

 

 

人には必ずクリティカルポイントがあります。

 

それを突破するためにも、社員様に対して諦めてしまう気持ちを払しょくし、しっかりと、あなたの考えを伝え続けていきましょう!

 

社員様、1人ひとりの可能性を信じることが、事業を加速させるための第一歩です。

 

社員様は、確実に成長されるはずなので、期待だけは忘れずに伝え続けていきましょう!

 


代表取締役 組織人事コンサルタント長友 威一郎(ながとも いいちろう)

大学卒業後、富裕層マーケティング会社最大手に入社。
6年間の営業活動を通じて多くの経営者と出会う。2006年、顧客の1人であった現CONYJAPAN代表の小西から新会社立ち上げの参画要請を受け、経営者の経営サポートを本業にすべく、株式会社ソリューションに入社。
採用コンサルティング、経営コンサルティングを通じて顧客の信頼を積み重ねる。 初期教育を強めることで、未経験者である新卒社員や第二新卒社員をリーダーへと変えるマネジメント力には定評がある。採用と育成の両輪を回して会社を強くするスタイルで多くの企業発展に貢献している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加