Blog 経営者の悩み相談

Blog 経営者の悩み相談

実行力を生む組織づくり編_長友さん編


Q.社員に自分で考えて行動させるには、どう関わればいいのでしょうか?

経営をしていく上で、いつまでも経営者が意見を言ったり、決定をしたりしていてはいけないことは、自分でもよくわかっています。

しかし、社員に気づいてほしいことがあるときに、どこまで答えを言って、どこまで相手の答えを待ったらいいのか、未だにベストな関わり方が分かりません。

答えを待っていては、こちらが気づいてほしいことに社員が気づくまで、恐ろしく時間がかかります。 

先日、このことをある経営者仲間に相談したところ、「ある程度、自分の答えを言うことも必要だが、押しつけずに、一緒に答えを見つけることが大事」というアドバイスをいただきました。 

確かにそうだな、と思う一方で、自社の社員のことをイメージしてみると「社長が、答えを一緒に探してくれるから、それでいいや」と現状に満足してしまいそうな気がします。 

社員が社長に甘えず、自分で考えて行動ができるようにさせていくためには、どのように関わったらいいのでしょうか。

(東京都 経営者(2代目) 業種:金属加工 従業員数:32名)

 

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.社員様にあなたから相談し、出てきた意見を受け容れましょう。

 

いつもメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございます。
本日は、私、長友威一郎がお答えさせていただきます。

 

ご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

社員1人ひとりが自分の考えを持って、行動してくれることは、非常に理想的な自律型組織ですね。

 

 

我々ソリューションでは、自律型組織を【社員一人ひとりが共通の目的・目標に向かい、自らでなすべきことを見出し、改善を重ね、成果と結果を出せる組織】と定義しております。

 

 

ただ、このように言葉にすると、頭で理解することは出来ますが、自律型組織にするための具体策は、なかなか見えてこないかと思います。

 

そこで、その第一歩として社長ができる具体策をお伝えするならば、「現状を把握すること」がスタートです。

 

なぜならば、現状を正しく把握しなければ、自律型組織になりきれていない根本的な原因が見えず、適切に解決することができないからです。

 

 

自律型組織になれない、“指示待ち組織”の傾向として、「トップダウン型組織」「属人型組織」の2つのパターンが存在します。

 

 

「トップダウン型組織」とは、全員が社長のやり方に従っている指揮・命令系統の統一された組織です。

この組織は、従業員数が20~30人を超えると、社長1人ではマネジメントし切れなくなるため、問題が多発し始めます。

 

一方「属人型組織」は、社員が所属している部門の部門長や幹部のやり方に従っており、指揮・命令系統が各部門や幹部によってバラバラで、会社内に社長以外のトップダウン型組織が2つ以上存在している組織です。

 

この属人型組織の状態が長引くと、社長の求心力が弱くなり、会社自体が衰退期に入りやすくなります。

 

 

もし、当てはまることがあるとしたら、貴社は上記のどちらの指示待ち組織の傾向が強いでしょうか?

 

この2つのパターンによって、今後の適切な打ち手は変わってきます。

 

 

その上で、すぐにでき、自律型組織をつくる上で重要なことは、「社員が安心して自分の考えや意見を言える環境を整える」ことかと思います。

 

指示待ち組織を自律型組織にするために、まずは「社員の意見を聴こう」と思われる経営者様は多いです。

しかし、社員様に突然「意見をくれ」「どう考えているか教えてくれ」と言っても大抵の場合、意見は出てこないでしょう。

 

 

だからこそ、私が取り組んでいただきたいことは、あなたのお仲間のご意見と同じで「社員さんに相談する」ことです。

 

 

意見が出てこないのは、良くしたいと思っていても、そのための方法や手段を知らない、もしくは意見を持ってはいても、その意見に対しての自信のなさや、責任の重さに対して、戸惑い、躊躇しているだけという場合が多いです。

 

そのため、社長から相談された経験がほとんどない社員様は、最初は戸惑うかもしれませんが、続けていき、「現場の声を大切にしたい」という想いが伝われば、少しずつではありますが、意見を出してくれるようになってきます。

 

 

そして、大切なのは、出てきた社員様の意見をきちんと、受け容れることです。

 

社員様に相談をすることと、意見を受け容れることを続けていけば、社員様の中には、自然と安心感が湧いてきます。

 

 

更に、社員様から出てきた意見に対して「共に考える」ことを続け、社員様自身が「社長に意見を言っても大丈夫だ」という認識を持ち始めると、社員様からの発言内容が変わってきます。

 

 

社員様とのコミュニケーションの量が増え、質が高まってくれば、自ずと社員様の「会社のために貢献したい」という気持ちは、高まってくるのです。

 

何事も実行するのは社員さんです。

 

 

社員様に主体的に考え、動いてほしいと願うのであれば、社員様の意見を良い悪いと判断するのではなく、考え方を尊重しながら、安心して実行ができる環境を創り出すことが、経営者としての役割です。

 

 

まずは、社員様を信じることから始めていきましょう!

 


代表取締役 組織人事コンサルタント長友 威一郎(ながとも いいちろう)

大学卒業後、富裕層マーケティング会社最大手に入社。
6年間の営業活動を通じて多くの経営者と出会う。2006年、顧客の1人であった現CONYJAPAN代表の小西から新会社立ち上げの参画要請を受け、経営者の経営サポートを本業にすべく、株式会社ソリューションに入社。
採用コンサルティング、経営コンサルティングを通じて顧客の信頼を積み重ねる。 初期教育を強めることで、未経験者である新卒社員や第二新卒社員をリーダーへと変えるマネジメント力には定評がある。採用と育成の両輪を回して会社を強くするスタイルで多くの企業発展に貢献している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

人気記事ランキング

関連記事

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加