Blog 経営者の悩み相談

Blog 経営者の悩み相談

次世代リーダーが育つ組織づくり編_濱川さん編

17/06/01
質問:引退直前です。次なるリーダー候補を早急に育てたい。

Q.早急にリーダーをつくりたいのですが・・・

これまで、社長がずっとトップダウンでやってきました。
私も一緒にやり、No.2として社長を支えてきました。

ただ、お互いにもう年を取り、あと10年、このままだったら会社は終わってしまいます。

社長が伝えているものを形にし、貴社が言っているようなマインドとスキルを兼ね備えた人が次世代を創っていく必要があると思いますが、何を基準に次のリーダーを選んだらいいのか、どんなメンバーを変革のメンバーとして選出したらいいのかがわかりません。

(大阪府 幹部 社員数:42名 業種:ITシステム開発)

 

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.貴社に必要な「マインド」と「スキル」を明文化するところから始めましょう!

 

ご質問いただき、ありがとうございます。

東京拠点の濱川桃子です。

 

これから先を見据えた時、今がまさに変革のタイミングに来ているということですね。

 

社長が伝えていらっしゃるものが、あなたやその他の社員の皆様にとって“なんとなく”わかっている程度でしたら、確かに、あなたが考えられているように、かたち(明文化)にすることが重要かと私も感じます。

ただ、質問なのですが、一口にマインド、スキルと言っても、

 

「貴社に必要なマインドと、スキルは何か?」と問われたらあなたは、何とお答えになられますか?

意外と困ってしまうのではないでしょうか?(笑)

 

メンバー選定を考える前に、ここのあたりを考える必要があるのではないかと思います。

まずは、リーダーに必要なマインド・スキルに関して、社長がどのように認識されているのかを確認されてみてもいいかもしれません。

 

恐らく、社長としては、感覚や直感で経営を行なわれているケースも多いため、改めて表現することが難しいと感じるかもしれません。

 

一方で、あなた自身も同じように考えてみられると、社長と認識が異なる部分も見えてくるかと思います。

仮にここでは、以下のように定義づけてみましょう。

 

マインド:社員の成長の指針となる「組織独自の価値観」

スキル:顧客が喜ぶ(期待を上回る)水準を満たせる「能力」

 

 

この2つを両輪として同時に高めていくことが、貴社の組織における「らしさ」が研ぎ澄まされ、良質な風土を作ることにつながると思います。

 

そして、他社や市場において相対的に評価される、必要なスキルの向上により、貴社のサービスを強化していくはずです。

 

例えば、私たちソリューションで言えば・・・

 

大切にし続けるマインドとは『お客様の悩みに、とことん寄り添う“精神”』。

高め続けるスキルとは『組織の自発的な実行力を引き出す“ファシリテーション力”』。

 

こんな感じです。

 

 

またそれぞれをひも解いていくことにより、より具体的に落とし込んでいくことは出来ると思います。

 

もしかしたら、少し難しく考えられているかもしれませんが、マインドにしてもスキルにしても、実は“すでに”あるはずです。

 

なぜなら、今、貴社を必要とされているお客様がいるはずで、貴社が今もお客様に選ばれ、残っているからです。

 

だからこそ、これまでお客様に何を評価されてきたのかの声をキャッチし、振り返ってみることが大切かと思います。

 

そこで振り返る材料として、質問を3つ用意しました。

 

(1)「貴社は、顧客のどのような期待に応え続けてきましたか?」

(2)「貴社が他社よりも長けているものは何ですか?」

(3)「貴社が組織として徹底してきたものは何ですか?
    また言い続けてきた口癖や合言葉はどのようなものがありますか?」

 

この3つの質問に対して、まずは、社長とあなた自身が振り返り、考えてみてください。

 

そして意見交換をしてみてください。

そうすることで、貴社で必要なマインドとスキルが見えてくることでしょう。

 

 

そして、改めてマインドとスキルが明文化されることで、要件を満たしている社員様が見えてくるかもしれません。

 

その方は間違いなく、組織変革のキーマンになりうるはずです。

 

またNo.2であるあなた自身がどんな背中を見せ続ける必要があるのか?何を伝え続ける必要があるのか?も明確になるかもしれませんね!

 

これを明文化(かたちに)することが出来れば、あとは社員の皆様にどのように浸透を促していくか?のステップに入ります。

 

 

明文化することは簡単ではないかと思いますが、まずは考え抜くということを実践されてみてください。

 

そこまで出来ましたら、次は浸透させていくためのステップをお伝えしますね。

では、頭から煙が出るくらい考え抜いてみてください!

 

もし、つまずかれたら、またご連絡くださいね。

 


統括マネジャー 組織人事コンサルタント濱川 桃子(はまかわ ももこ)

2009年、新卒社員として株式会社ソリューションに入社。入社直後からトップ営業マンとして同社で活躍し、後継経営者様を中心にクライアント企業様の組織作りに従事する。
2013年には福岡拠点の立ち上げメンバーに選抜され、たった1人で福岡拠点を軌道に乗せることに成功し、7名の社員を受け入れ、達成し続ける拠点運営を確立した。
その後、本社配属され営業企画として同社のサービス体系・仕組みづくりに注力している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

人気記事ランキング

関連記事

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加