実行力を生む組織づくり編_長友さん編

17/05/25
質問:社員が立てたその予算では、会社が成長できないんだけど・・・

Q.社員が立てる目標に不満があります・・・

今までトップダウンで、10チーム全ての売上予算を決めていた。

今年からチームごとに売上予算を決めてもらうことになったが、なかなか理想的な数字が上がってこない、もしくは決められない。

「もっと頑張れよ!」と思ってしまうが、どうしたら、経営者が思うような数字が上がってくるだろうか?(東京都 経営者 従業員数:約180名 業種:人材派遣・人材紹介)

 

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.あなたが社員様に期待していることを毎日伝えて差し上げてください。

 

いつもメルマガをお読みいただきまして、ありがとうございます。
この度は私、長友威一郎がお伝えさせていただきます。

ご投稿いただき、誠にありがとうございます。

 

多くの経営者の方々が、部下の“決断力”に対して腹を立てたり、諦めを感じたりと、感情が出ることが多いですが、いきなり経営者の期待を超えた成果を出す部下の方々は少ないと思います。

 

もし、期待以上の成果をすぐに出せるということがあれば、それこそ、優秀な部下の能力を発揮させられる機会を長年与えていなかったということであり、事業への機会損失になっていたかもしれませんね。

 

もちろん、「トップダウン」とご自身でおっしゃっておりましたので、多少の恐怖心や反骨心がチームメンバーにはあったかもしれません。

 

しかし、これからは体制が変わり、10チームの各リーダーが自分の意志を出し、自らで決めて実行出来るようになるために、

 

あなたが『何を、どのように伝えていくのか』が大切になってくるステージに入ります。

 

きっとあなたもそのステージに悩まれているのでしょう。

 

そこで、一つ質問です。

 

【チームのみなさんに対して、予算目標を決めること“以外”にあなたが期待していることは何でしょうか?】

この問いに関して即答できますか?

「部下が期待する成果を出してこない!」と話す経営者の方に多い特徴として、

 

『任せていることへの意図や目的を伝えていない』
『こちらが期待することを伝えていない』

 

ことが非常に多いです。

 

だからこそ、部下の方もご自身の実力に対して、“決断する勇気と自信”がないのではないでしょうか?

 

弊社が幹部研修等でよく話をさせていただく例え話に『サーカスの象』というものがあります。

もしかしたら、ご存知かもしれませんが・・・。

サーカスの象の足には常に鎖が付いており、杭につながれています。

でも、象はその杭を抜くだけの力を十分に持っているのに、なぜか逃げません。

 

なぜでしょうか?

 

その答えは「自分にはたいした力がない」と象自身が思い込んでいるからです。

 

象は、子どもの頃から、鎖で杭につながれて毎日を過ごします。

その時はまだ身体が小さいため、たいした力もなく、杭を抜くことができません。

 

そして、象はその後に大きくなってからもその思い込みに捉われて続けてしまうのです。

そのため、大きくなった象は、本来は杭を抜くくらいの力を既に持っているのに、「自分にはたいした力がない」と思い込んで、何もせずにじっとしている。

 

という話です。

 

もしかしたら、貴方のチームメンバーもこの『サーカスの象』のように、「自分にはたいした力がない」と思い込んではいないでしょうか?

 

チームの方々にも心があり、喜怒哀楽のある人であることは事実です。

 

褒められたり、頼りにされたり、期待されたりして、嫌な思いをする人はあまりいません。

 

 

そして、今までトップダウンでマネジメントしてきたからこそ、各チームの方々が『考えて決める』という習慣を与えてこなかったという事実もあります。

 

だからこそ、あなたが今、チームメンバーに対して伝えるべきことは、たくさんあるのではないでしょうか?

 

 

・何故、トップダウンのマネジメントを変更したのか?
・チームリーダーや各チームに期待していることは何か?
・各チームがどのようなチームになって欲しいのか?

 

を改めて伝えてみてください。

 

そして・・・毎日、伝え続けてみてください!

 

決して諦めずに、チームメンバーの可能性を信じて伝え続けてください。

 

そうすると・・・間違いなく3ヶ月後には変化が起きてきます。

 

その変化が起き始めると、あなたがトップダウンのマネジメントをやめられた時に求めていた理想の状態へ近づいていくことでしょう。

 

大切なのは『チームの可能性を信じる』こと!貴方の第一歩を期待し、応援しています!

この度も投稿していただき、ありがとうございました!

 


代表取締役 組織人事コンサルタント長友 威一郎(ながとも いいちろう)

大学卒業後、富裕層マーケティング会社最大手に入社。
6年間の営業活動を通じて多くの経営者と出会う。2006年、顧客の1人であった現CONYJAPAN代表の小西から新会社立ち上げの参画要請を受け、経営者の経営サポートを本業にすべく、株式会社ソリューションに入社。
採用コンサルティング、経営コンサルティングを通じて顧客の信頼を積み重ねる。 初期教育を強めることで、未経験者である新卒社員や第二新卒社員をリーダーへと変えるマネジメント力には定評がある。採用と育成の両輪を回して会社を強くするスタイルで多くの企業発展に貢献している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加