②右腕幹部が育つ組織づくり編_濱川さん


Q.降格させることもできないのですが・・・

弊社では、いまだ年功序列の風土が強く、営業としては会社のトップレベルではあるものの、マネジメント力が全くない者が次長の役職を持っています。

今、現場も巻き込んで会社をより善くしていこうと取り組んでいますが、全体の会議や部門会議で決まったことをこの次長が「やります!」と言うが、実際に蓋をあければ、やっていないことばかり。

部下への示しもつかなければ、彼の発言で現場に混乱を招くことも多々です。

正直、彼の下のリーダーの方がスピード感も部門の将来のことも考えて行動を取ってくれ、部門長の私も信頼を置いています。

創業して80年を迎える会社ですが、今まで人を辞めさせたり、降格をさせることも無いため、決断しきれないまま時間が経ってしまっています。

(千葉県 幹部 従業員数:約160名 業種:印刷業)

 

 (※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.あなたの理想の風土についてまずは考えてみましょう。

 

こんにちは!

今回も東京拠点の濱川が回答させていただきます。

 

部下育成や、社員さんからの会社への信頼という面で、あなたにとって、次長の○○さん、かなりネックになられているのが、伝わります。

 

また様々なことの悩みの対象に、その次長の方がなっているようにも感じます。

 

さて、最初に1つ、気をつけていただきたいことがあります。

こういった問題を、“起こっていること以上”に変に複雑にしてしまうのが、実は人の『視点の癖』や『思い込み』だということです。

 

まずは、あなたの抱えていらっしゃる、頭や心のモヤモヤをシンプルにしたいですね!

 

では、いきましょう!

 

まず、今のあなたの視点は【次長の○○さん】という人に注目がいっていると思います。

 

でも、貴社、もっと言えば、あなた自身が今、最も目を向ける課題は、【年功序列の風土】を理由に、様々なことに対して“諦めの感情”があることではないでしょうか?

ご質問いただいた内容からは、問題となっている次長へ、【どうせ・・・】というあなたの感情だけが伝わってきます。

 

 

そして、そんな次長に対して何の決断も出来ない“誰か”にも、その【どうせ・・・】の感情がありますね?

※決断ができないのが、社長なのか、人事の決裁がある誰かを指しているのかまでは汲み取れませんが。
いかがでしょうか?

 

もし、グサリときていましたら、ここからが要注意です。

 

なぜなら、【どうせ・・・】という「諦め」の感情は、人を思考停止の状態にさせてしまうからです。

 

それは、何のアクションも生まれないことと同じです。そのため、改善に向かうこともありません。

 

だからこそ、はじめに、そのような思考を変えていきましょう!

 

もちろん次長に対して、検討することは、多々あるかと思います。

 

しかし、次長の問題は次長の問題として、まずは、あながが向き合う必要があるものを一緒に考えてみましょう!

きっと、あなたが本当に変えたいのは、次長ではなく『年功序列になっている風土』なのではないですか?

 

そうなのであれば、あなたは部門長という非常に重要なポジションということで、きっと思っている以上に影響力をお持ちのはずです。

 

年功序列の風土を変えていくということすらも、きっとできます。

まずは、あなたの意志を聴かせてください。

『あなたがどうしたいのか』がとても大切なことです。

 

・あなたは今の風土をどう思っていますか?
・あなたはどんな風土を作っていきたいですか?
・なぜ、その風土を作っていきたいのですか?

 

しっかりとご自身の中で、『どんな風土が理想なのか?』『なぜ変えていきたいのか?』にしっかり目を向けることから始めましょう。

 

 

そしてもう1つ。

 

・・・

 

会社を悪くしたい人は、あなたの会社にきっと1人もいませんよ。

 

会社をよくしていきたい人しかいない、ということを忘れないでください!

 

 

この課題はあなただけのものではなく、みんなのものです。

しかし、残念ながら、“よくしていく”ことに対しての貢献度や温度感は違うとは思います。

 

だから始めは、あなた自身の意志をはっきりさせることが、会社をよりよくしていく1歩に必ず繋がるはずです。

 

上記の3つの問いに関しての回答ができましたらまたご連絡をお待ちしております。

その時に一緒に、『では、どのように変えていくか?』の具体的な方法を改めて考えましょう。

今回も議題の投稿、ありがとうございました。

 

 


統括マネジャー 組織人事コンサルタント濱川 桃子(はまかわ ももこ)

2009年、新卒社員として株式会社ソリューションに入社。入社直後からトップ営業マンとして同社で活躍し、後継経営者様を中心にクライアント企業様の組織作りに従事する。
2013年には福岡拠点の立ち上げメンバーに選抜され、たった1人で福岡拠点を軌道に乗せることに成功し、7名の社員を受け入れ、達成し続ける拠点運営を確立した。
その後、本社配属され営業企画として同社のサービス体系・仕組みづくりに注力している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加