Blog 経営者の悩み相談

Blog 経営者の悩み相談

実行力を生む組織づくり編_濱川さん編


Q.どうしたら会議で決まったことは実行されるのでしょうか?

うちの会社は決めたことが継続できない。
全体会議もつまらない話をするから、参加するのを辞めた。

私が参加しなくなった途端に、進捗のチェックが無くなった。

決めたことに対してのチェック機能をしっかりと持つ必要があると思うし、チェック機能がないから継続されないというのは分かるが、チェックをいつ・誰がするのかをきちんと決めてしまえば決めたことは継続されるのだろうか?

それは、私が決めないといけないことなのか?

(東京都 経営者 従業員数:25名 業種:IT業界)

 

(※表記や改行などを編集部で若干変えております。ご了承ください)


A.社員様が意思を出せるように安心の場を提供して差し上げてください。

 

ご相談いただきまして、ありがとうございます。
今回は東京拠点の濱川が回答を担当させていただきます!

 

さて、まずは今回のご相談の内容を少し整理してみましょう!

社長が書かれた内容から見るに、実際に起きていることとしては、

 

・決めたことが継続できない
・会議がつまらない
・社長がいないと進捗チェックをする人がいない

 

ということがありますね。

 

そして、社長が抱く疑問としては

 

「チェック機能をどうするか」を、社長が決めるべきか?

大まかに整理するとこんな感じでしょうか。

 

こうしてみた時に、改めて質問しますが、社長自身の悩みは、本当に『チェック機能をどのようにするか?』ということなのでしょうか?

 

その悩みは、『もう少し後の課題』という印象を、私は受けています。

 

今回、起こっている事柄にもう一度きちんと向き合うと、チェック機能云々の前に重要なことが見えてくるはずです。

それは、『この会議には残念ながら【意志】を持って、臨んでいる方がいらっしゃらない』ということです。

 

会議参加者の一人ひとりが本気で考え、ご自身の意見を言ったり、決断したりという【意志】を持って臨んでいれば、上記の問題は起こるでしょうか?

 

参加者の方が“意志を出さない”あるいは“出せない”状況だからこそ起こっている問題のような気がします。

もっと言えば、社長ご自身の姿勢が、社員様が【意志】を出すことへの妨害をしている可能性もありそうです。

 

私が今回、ご相談内容から感じたのは、『社長が、社員の皆様を評価する視線』です。

 

『社長が既にお持ちの、会議での模範解答』そして『決まったことを監視しようとする姿勢』

 

そんなことを感じ受けてしまいました。

もしかすると、頂いたご相談内容に対して私が勝手に飛躍した想像をしているのかもしれません。

 

しかし、現状では、会議の場で縮こまって、うつむいて話す社員の皆様の表情が浮かんでしまいました。

 

おそらくその状況は、社長自身が望む『理想の会議の姿』とはかけ離れているでしょう。

 

時には笑顔で意見が活発に出て、時には真剣に議論が交わされる。

 

そんな会議のシーンを望まれているのではないでしょうか?

 

私は、何よりも「社員1人ひとりに真剣に会社のことを考えて欲しい!」という社長の想いが強いからこそ、イライラやモヤモヤの感情も強いのだと思います。

 

どんな些細なこと、または社長から見ればまだまだ稚拙な考え方や意見であったとしても、まずは1人ひとりの【意志】が生まれることが重要だと思います。

 

1人ひとりから意志が生まれ、それによって物事を決めることが、決定事項への実行力や継続力を強くしていきます。

 

そのために、1番影響力がある社長だからこそ、最初にやっていただきたいことがあります。

 

それは、【安心の場】の提供です。

 

平たく言えば、「意見や考えを出してもいいんだ!」と思える環境づくりです。

 

もちろん、会議だけの話ではないかと思いますが、まずは、会議の場で社長自身ができる【安心の場】の提供はどんなことがあるかを考えてみましょう。

 

例えば・・・

 

・やわらかい表情を意識してみること 

・「それいいじゃん!」と肯定的な発言をしてみること 

・そもそも会議に参加せずに信じて任せてみること(決めるという権限も渡して) 

 

等、今までと少し違うチャレンジを何でもいいのでやってみてください。

 

社長にとって「ちょっと不安だな、大変だな」と思うものの方がオススメです。(努力が必要だからです)

 

そして、チャレンジ期間(いつからいつまで)とチャレンジを実行しての成果(どんな変化があれば、○なのか?)をイメージすることが大切です!

 

もちろん、その変化は「劇的」というよりも、少しずつ積み重ねていくものだと思います。

 

 

そのため社長ご自身の『忍耐』というチャレンジでもあります。

 

しかし、そういった社長の努力の姿勢がきっと社員様には伝わっていくはずです。

 

もし、「チャレンジが思いつかないよ!」ということであれば、その時は、ご連絡ください。

 

一緒に考えましょう!

またチャレンジ報告をお待ちしております!

 


統括マネジャー 組織人事コンサルタント濱川 桃子(はまかわ ももこ)

2009年、新卒社員として株式会社ソリューションに入社。入社直後からトップ営業マンとして同社で活躍し、後継経営者様を中心にクライアント企業様の組織作りに従事する。
2013年には福岡拠点の立ち上げメンバーに選抜され、たった1人で福岡拠点を軌道に乗せることに成功し、7名の社員を受け入れ、達成し続ける拠点運営を確立した。
その後、本社配属され営業企画として同社のサービス体系・仕組みづくりに注力している。

メールマガジンのご案内

経営者向けメールマガジン
【情熱社長倶楽部】は、

社員に自発性がない 決めたことが実行されない 思うように売上・利益が伸びない

等にお悩みの経営者様に向け、「指示待ち組織」から「自律型組織」に変革するための実践的なノウハウを、事例を用いながらお伝えする無料メルマガです。
※こちらのブログは情熱社長倶楽部のコーナーを抜粋して掲載しております。

人気記事ランキング

関連記事

無料小冊子プレゼントのご案内

なぜ、若者は入社3年以内に辞めるのか?若手社員の離職理由と
解決策が丸わかり
ハンドブック~若手社員の早期離職を劇的に下げた
たった一つの方法とは~

厚生労働省のデータと弊社のクライアント企業様の証言を併せて、現代の若者の心情と、その早期離職防止策を全16ページで分かりやすくお伝えします!

  • はてなブックマークに追加